ユニマットレディースの過払い金でお悩みの方は私たち弁護士にお任せください。

過払い請求で借金が消え、家族との関係も良好になりました

サラ金のユニマットレディースから借金をしてしまったときから人生の歯車が狂い始めました。

最初は借りたお金はきちんと返していましたし、計画的に借りるように気をつけていました。

ですが、サラ金の厄介なところは、利用すればするほど、頼んでもいないのに融資可能額が増えていくところです。

完済して少しすると、ユニマットレディースから融資の誘いの電話がかかってきたこともありました。

 

そういうサラ金の手口に私はまんまとひっかかり、どんどんサラ金からの借金が増えていきました。

収入が少なかった月の返済を乗り切るために、別なサラ金からお金を借りたりしたせいもあって、借金は減るどころかむしろ増えていきました。

どれだけ返済を続けても、返済金は利息返済に消えていくばかりで元本が減る気配はありませんでした。

借金をしてからは、家族との関係も悪化する一方でしたし、イライラをぶつけてしまうこともありました。

 

そんなときに、債務整理をすれば借金が解決できるらしいと聞いて、自分なりに調べてみたら、任意整理をすれば利息をカットしたり借金を減額できたりするらしいと知り、これなら何とかなるかもと思って、法律事務所に行ってみることにしました。

そして、ユニマットレディース等の借金の総額や、今までの返済期間、金利など、分かる限りの情報を伝えてみたら、弁護士の先生から驚くべきことを告げられました。

もうすでに法外な利息をとられており、過払い金が発生しているので返済の必要はなく、過払い請求でお金がいくらか手に入るというのです。

任意整理で利息カットや借金減額できれば満足と思っていた私にとっては嬉しい誤算でした。

 

その後、過払い請求の手続きは問題無く進行し、4社から総計で200万円あった借金は帳消しとなり、過払い金の30万円が手に入りました。

弁護士の費用が40万円ぐらいかかりましたから、差し引き10万円ぐらいの出費にはなってしまいましたが、借金が消えたのでその支払いはどうってことありませんでした。

弁護士へ払う費用についても分割で後払いで構わないということだったので、過払い請求中に用意することで問題無く対処できました。

 

過払い請求する前と後で、大きく変わったのは家族との関係です。

借金をしているときは、月々の返済をどうやって乗り切るかしか考えていなくて、家族とまともな会話すらしなかったですが、今では借金する前と同じように家庭に明るい雰囲気が戻ってきました。

今まで借金返済に費やしてきたお金をこれからは家族のために使っていきたいと思っています。